medical hospital

リウマチの症状

関節が痛くなってしまう病気、それがリウマチです。中年以降の女性は特に注意すべき病気だと言われていますが、関節痛だけではなくさまざまな症状があることでも知られています。

Continue Reading »

-->

かかりつけ医

日本人の死因の多くは生活習慣病から来る病気です。そのため、日ごろから健康診断などを行い、自分の健康状態をよく知っておくことが重要です。特に血液の病気である糖尿病や高脂血症、高血圧は大きな病気を引き起こす原因となります。

Continue Reading »

様々な不快な症状

その代表が更年期による身体的・精神的な不調です。 更年期は女性ばかりではなく男性にもおこる場合があり、女性と男性では症状に違いがあります。女性が更年期になるといろいろな症状が見られることがあります。

Continue Reading »

検査の下準備

大腸内視鏡検査の前には下準備が必要です。まず、検査当日に大腸内をきれいにしておく必要があるため、21時以降は絶食です。そして寝る前に処方された下剤を飲みます。この下剤は、現在の病状で下痢がひどい場合は服用しなくても良いです。

Continue Reading »

適切な治療を受ける

骨粗鬆症は投薬を中心として治していく

骨粗鬆症は、年齢を重ねることで発病するイメージがありますが、それだけが原因ではありません。閉経した女性はホルモンバランスが悪くなってしまうために、骨粗鬆症を発病することもあります。年齢に関係なく、食事で栄養をしっかりと摂れていなかったり、運動不足過ぎたりすると、発病する可能性もあります。 骨粗鬆症は、骨の生活習慣病と呼ばれているほど、食事や運動などとの関わりが大きいと言えますので、食事療法や運動療法は、予防や治療に必要なことです。ただ、発病してしまってからでは、このような治療方法では間に合いませんので、お薬を飲む治療方法が中心となっています。 発病の原因が何かということによって、処方されるお薬も違ってきます。いくつかあるお薬にも、成分の特徴がそれぞれありますので、最適な投薬治療で治すことが望ましいです。

医療機関を受診して治療をする

骨粗鬆症のお薬を処方してもらうには、医療機関へ行く必要があります。 整形外科や外科へ行くと、骨密度を簡単に調べることができますし、骨粗鬆症と診断された時には、その患者さんに一番合っている治療方法を提案してもらうことができます。投薬や注射という治療方法があります。 お薬はいくつかの種類に分けられます。カルシウムを腸管から吸収しやすくして、体内のカルシウムの量を増やすことができるお薬があります。骨の形成を促してくれる効果のあるお薬もあります。骨の吸収を抑えてくれる効果のあるお薬もあります。 骨密度を高くするのに効果的な治療薬がありますので、状態に応じてその方に合ったお薬を処方してもらうことができますので、骨粗鬆症を治療するのであれば、医療機関を受診することをお勧めします。